AUTHOR : 山本倫大 / 東京でサラリーマンをしていましたが、2013年就農しました。

最近のエントリー

過去のエントリー

2017年
1月(1)
2016年
1月(1) 2月(1) 3月(2)
5月(1) 6月(1) 8月(3)
10月(2) 11月(1)
2015年
1月(2) 2月(1) 3月(1)
4月(3) 5月(2) 6月(2)
7月(2) 9月(4) 11月(3)
12月(3)
2014年
1月(5) 2月(4) 3月(4)
4月(3) 5月(3) 6月(3)
7月(2) 8月(1) 9月(2)
10月(4) 11月(2) 12月(1)
2013年
2月(5) 3月(3) 4月(1)
5月(2) 6月(3) 7月(2)
9月(5) 10月(2) 11月(1)
12月(5)

タグ

春真っ盛りで気候も暖かいこの頃、
いちごのシーズン真っ只中です。

さて、突然ですが、いちごの実と言えば、赤くてまるいおなじみのひとくちサイズのものですよね。


じつは、
これ、正確にはいちごの実ではないのです。

赤くて甘い水分が多い部分は、実は "花托(かたく)" と呼ばれる部位で、果実ではありません。

Wikipediaによると...
「...食用として供されている部分は花托(花床ともいう)であり果実ではない。」 Wikipedia/イチゴ


では、実はどこなのかというと、
赤くて甘い部分の周りにたくさんくっついているゴマみたいな小さいつぶつぶなのです。

これこそが "いちごの実" なのです。