AUTHOR : 山本倫大 / 東京でサラリーマンをしていましたが、2013年就農しました。

最近のエントリー

過去のエントリー

2017年
1月(1)
2016年
1月(1) 2月(1) 3月(2)
5月(1) 6月(1) 8月(3)
10月(2) 11月(1)
2015年
1月(2) 2月(1) 3月(1)
4月(3) 5月(2) 6月(2)
7月(2) 9月(4) 11月(3)
12月(3)
2014年
1月(5) 2月(4) 3月(4)
4月(3) 5月(3) 6月(3)
7月(2) 8月(1) 9月(2)
10月(4) 11月(2) 12月(1)
2013年
2月(5) 3月(3) 4月(1)
5月(2) 6月(3) 7月(2)
9月(5) 10月(2) 11月(1)
12月(5)

タグ

雪だるま

今日は、阿蘇は朝から雪でした。


早朝は特に風が強くて吹雪いていました。


いちごのハウスの前も雪がうっすら積もっています。


いちごの収穫が終わったら、久しぶりに積もった雪を転がして玉をつくってみました。


意外と大きくなったので、だんだんはまってきて、
雪だるまができました。


サングラスを付けたので、なんだか夏っぽいルックスに仕上がりました。



雪だるまをひとつ作ったものの、メンバーみんなの創作意欲は衰えず、矢継ぎ早に次の作品に着手です。


こうして出来上がった意欲作の2作目は、農園のマスコット猫"みい"をモチーフにした猫雪だるまです。


いろいろと凝ってあれやこれやしましたが、なんだかご利益の有りそうな神々しいルックスに落ち着きました。

大人3人で全力で雪遊びをしてとてもよいリフレッシュになりました。

午後にはだんだんと晴れてきました。



<おまけ>
阿蘇山 近影

いちごは毎朝収穫します。

毎日たくさんのいちごをちぎりますが、一つとして同じ形のいちごはありません。

ただし、お店に並んで、お客さまの目にふれるのは
だいたい良い形を選んだ上で、さらに似た形を同じパックに詰めていますので、どれも同じような形だと思われるかもしれません。



収穫の時には本当にいろんな形のいちごがあります。

横長いのや、


三つがくっついたもの、


先っぽの形がちょっとかわった、
こんなのや


こんなの。



面白い形があったら、メンバー同士で「これ、あれに似てるね」なんて話しながら楽しんでいます。

たとえば、
ハートに見えたり、


なにかの動物に見えたり。



いちごはもちろん食べてもおいしいですし、こうして目で見て愉しむ果物でもあります。

阿蘇はだいぶ寒くなり、いよいよ冬本番の感がでてきました。

阿蘇山に雪が積もりはじめ、


農園の周りでも水たまりに氷が張ったり、


霜柱が出来たりしています。


冬のメイン作物のいちごは、今のところ昨年よりも量が少なめですが、味のよい実が順調に出来ています。




いちごのハウスの中にはたくさんのいちごが植わっています。(約2万本)
その中に局所的に緑が生い茂っている部分が有ります。


この草の正体は麦です。



ハウスの中には、いちごの害虫を食べてくれる良い虫「天敵」がいます。この天敵は、害虫がいるときには餌があって繁殖できるのですが、害虫がいないと餌が無くて絶滅してしまいます。
いちご栽培のパートナーである天敵が食べ物不足に陥らないように、餌を用意する必要があります。

この餌というのが麦につく虫です。
麦につくこの虫は、いちごには害のない虫なので、天敵の餌にぴったりなのです。
害虫がいないときにも天敵の餌を確保するために麦を植えているのです。


先日来宣伝していますとおり、あそ有機農園のお米を中川政七商店さんに取り扱って頂いています。

この度、お店に商品を置いていただいている様子を視察しに行ってきました。
お店は以前から行ったことがあったのですが、お取引が始まってからははじめて店頭にお邪魔しました。

KITTEは日本郵便の本社ビルがリフォームされた商業施設です。

東京駅から地下を通って行けるのでとてもアクセスが良いところです。


今はクリスマス前ということもあり、雪化粧したクリスマスツリーをモチーフにきれいな飾り付けがしてありました。


目的地「中川政七商店」はここの4階にあります。


いつ来てもおしゃれでセンスのよい品ぞろえです。


そして、お店の入り口近くの目立つところに、ありました。
あそ有機農園のお米です。


置いてあると分かっていて来たのですが、やはり自分の目で置いてあるのを見るとなんだか嬉しい気持ちになりました。

お店の方(店長さん)ともご挨拶をしました。お米を食べてくださったそうで甘みがあって美味しかったと感想を頂きました。
ありがとうございます。

実は、あそ有機農園のお米は米専門の問屋さんとの取引が多くて、こういった小売の雑貨屋さんなどにはあまり並ばないので、お客さまが店頭で実際に手にとって買ってくださるこういう場は、お米を生産している私たちにとっては新鮮なところです。

あぁ、自分たちが作ったお米を選んで買ってくださるお客さまがいるんだなぁと肌で実感した貴重な体験でした。

ほんとうにありがたい事です。


帰りの飛行場では富士山が見えました。

野菜も売ります

みなさんこんにちは。
最近農園では、いろんな冬野菜がとれいてます。


この野菜は道の駅阿蘇でお買い求めいただけます。

ちょうど1ヶ月くらい前から道の駅阿蘇に米を置かせてもらったのをきっかけに、野菜も試しに置いてみようと持って行きました。
そうしたら、予想以上に好評でしたので今はほとんど毎日野菜を出品しています。

道の駅阿蘇 は、阿蘇の玄関口JR阿蘇駅と阿蘇を横断する大きなと道路国道57号線の両方に隣接しており、いろいろな阿蘇の特産品が並んでいます。

こちらは野菜コーナーです。

腕におぼえがある生産者が自慢の農産物を陳列しています。

あそ有機農園の野菜もここに置かせてもらっています。


お買い求めの際にあそ有機農園の野菜を見分ける目印は、この「阿蘇高原野菜」シールです。

お近くにお越しの際には是非立ち寄ってみてください。
きっとご満足いただけると思います。


そして、今週からはこのホームページでも野菜の販売を開始しました。

まだ少量しか作付けしておらず、ご指定の野菜が揃わないかもしれないので、野菜の詰め合わせの販売とさせていただいております。

ホームページでのご注文は こちらから どうぞ。


季節ごとに気まぐれに種をまいているので、
こんな野菜がほしいなぁ、というご希望が有りましたらどうぞご連絡ください。
可能なかぎり対応します!