AUTHOR : 山本倫大 / 東京でサラリーマンをしていましたが、2013年就農しました。

最近のエントリー

過去のエントリー

2017年
1月(1)
2016年
1月(1) 2月(1) 3月(2)
5月(1) 6月(1) 8月(3)
10月(2) 11月(1)
2015年
1月(2) 2月(1) 3月(1)
4月(3) 5月(2) 6月(2)
7月(2) 9月(4) 11月(3)
12月(3)
2014年
1月(5) 2月(4) 3月(4)
4月(3) 5月(3) 6月(3)
7月(2) 8月(1) 9月(2)
10月(4) 11月(2) 12月(1)
2013年
2月(5) 3月(3) 4月(1)
5月(2) 6月(3) 7月(2)
9月(5) 10月(2) 11月(1)
12月(5)

タグ

今週に入ってからは10度を超える暖かな日が続いています。

いちごは初夏の作物なのでだいたい28度くらいが良いそうですが、ビニールハウスの中は日差しが出ると温度が上昇してすぐに30度を超えてしまいます。
そのため、温度が上がり過ぎないようにハウスの屋根の谷のビニールを開けて換気をして、いつも温度を管理せねばなりません。

しかし、先日の大雪の時にはハウスの谷に雪が積もってビニールが開けられませんでした。
いくらハウスの外が寒くても、雪の合間に太陽が少しでも出るとハウスの温度が上がりすぎてしまうのでビニールが開けられないというのは問題です。
とはいえ、ハウスの屋根の谷に積もった雪を取り除くのはとても大変ですし、足元が不安定で滑りやすく危険です。
そこで、普段はあまり開けないハウスの側面の下の方のビニールを開けます。
ハウスの側面であれば、雪かきが比較的しやすいです。 雪かきしやすいと言っても数十センチ積もった雪をとるのはとても大変でした。


雪に日光が照り返して目を刺すようにまぶしいので、サングラスをしながら作業しています。


普段は雪かきなどほとんどしないので、はじめのうちは楽しんでやりますが、次第に疲労してきて、意外に体力を消耗します。




天気予報によれば、これから次第に暖かくなってゆくそうなので雪化粧した阿蘇山の雪も次第に溶けてゆくことと思います。

これは私が今シーズン制作した雪像の中でも渾身の力作です。


こちらは先日友人の結婚式に参列するため福岡に行った時に偶然見かけたゆるキャラです。名前はたしか「メシマルクン」だったと思います。


日本全国で大雪がふっていますね。2月に入ってからは阿蘇でも大雪が続いています。2月6日に 今シーズン一番の積雪 ということでブログを書きましたが、その後2月10日頃から今日に至るまで1週間位はさらに雪がたくさん降り、今シーズン一番の積雪の記録を更新しました。
正確に測っていないのですが、だいたい30センチくらい積もったかもしれません。九州屈指の雪国阿蘇でもこれほどの雪は珍しくみんな20数年ぶりくらいだと言っています。

こちらの写真が6日頃の庭の様子

そしてこちらが14日の庭の様子です

いちごの収穫と出荷は毎朝欠かさない仕事ですが、道が通れないため珍しく1日お休みしました。

マスコットねこのみいちゃんも生まれてはじめて見る身の丈を超えるほどの大雪に戸惑い気味です。




人間の方は雪に大はしゃぎで色んな物をつくりました。



かまくらもどんどん大きくなって横長く成長しました。



大雪の間の晴れ間にはトマトの土壌の準備を進めます。
萱のロールをほぐしてから土の上にひろげていたものをトラクターで土に鋤き込んで、作業しやすいようにローラーで整地します。




先日妻が1泊2日でいちごの販売キャンペーンのため神戸に行ってきました。

大消費地である神戸、大阪の大型小売店の店頭に、産地から生産者が出向いてお客様に声がけしていちごを売るというものです。
毎年恒例のこのキャンペーンに、今年は4名の生産者が参加し、2名ずつ大阪と神戸にわかれて店頭に立ちました。

こちらは神戸三宮のダイエーです。


たくさんの方が足をとめて試食したり買っていただいたりしたそうです。本当にありがとうございます。

生産者とお客様が直接顔を合わせる機会はとても少ないので、こうした機会をつくってくださった市場の方、JAの方にも感謝です。

合間を見つけてちゃっかり観光もしたようです。
こちらは神戸の中華街です。




さて、今日は雪がふったので、またみんなで雪球をつくりました。


そうしたところ、やはり創作意欲に火がついて、



こんなオブジェが出来上がりました。


人間は入れないですが、猫くらいなら入れる大きさです。次は人間が入れるくらい大きいのを作りたいです。
阿蘇は先週まではとても温暖で、もう春が来たかと思うほどの穏やかな気候でしたが、今週は一変して寒くなりまた真冬に逆戻りしました。
朝から一日中雪が降り、15センチ位積もりました。





先週暖かいうちに、来シーズン以降の肥料分として萱のロールをトマトのハウスの中に入れました。

このロールは阿蘇の原野に生えていたいろいろな草を刈り取ってきたものです。人が3人乗っても大丈夫なくらい大きくて固いです。草が圧縮されてしっかり詰まっています。


昨年の分の萱ロールが余って1年間おいておいたものは、適度に腐ってきており、ロールの中にカブトムシがたまごを産み付けて幼虫が沢山いました。
カブトムシの幼虫

カブトムシの幼虫を取り除いたら、このロールを手作業でほどいてまんべんなく土の上にひろげてからトラクターで土と混ぜます。