AUTHOR : 山本倫大 / 東京でサラリーマンをしていましたが、2013年就農しました。

最近のエントリー

過去のエントリー

2017年
1月(1)
2016年
1月(1) 2月(1) 3月(2)
5月(1) 6月(1) 8月(3)
10月(2) 11月(1)
2015年
1月(2) 2月(1) 3月(1)
4月(3) 5月(2) 6月(2)
7月(2) 9月(4) 11月(3)
12月(3)
2014年
1月(5) 2月(4) 3月(4)
4月(3) 5月(3) 6月(3)
7月(2) 8月(1) 9月(2)
10月(4) 11月(2) 12月(1)
2013年
2月(5) 3月(3) 4月(1)
5月(2) 6月(3) 7月(2)
9月(5) 10月(2) 11月(1)
12月(5)

タグ

5月上旬は毎年ゴールデンウィークで、阿蘇にはたくさんの観光客の方が来られます。
この時期の阿蘇は野焼きの後の焼け野原に新葉が生えてきて、緑がきれいな草原を見る事が出来ます。


さて、ゴールデンウィークの農園は仕事が非常に忙しく、毎日毎日ずっと働きづめで働きます。
このあたりの2週間くらいは1年のうちでも最も忙しい農繁期なのです。

4月末はお米の苗の準備をします。

まずは塩水選です。卵が浮くくらいの塩水に種籾を入れて、浮いてきた未熟な種を取り除きます。


そうしたら57度のお湯に10分間浸けて温湯消毒します。
温湯消毒の後は1週間くらい日光が当たらないようにして冷水につけておきます。


苗箱に土を入れておき、乾燥させた種をまきます。
今年は900枚くらいの苗箱を準備しました。


種まきが終わった苗箱は、育苗ハウスに搬入して並べて置き、アルミ蒸着の太陽熱シートをかぶせます。
茶色の苗箱に銀色のシートがかぶさっている様子は板チョコみたいです。



そうした作業と並行して、トマトの苗を定植する準備も進めておきます。
そして5月に入ったらすぐにトマトを地面に植え付ける作業にとりかかります。 全体で8,000本を植えますが、1日あたり2,000本〜3,000本植えるような日もあります。
ゴールデンウィークはいつも猫の手も借りたい忙しさですが、今年は2名の助っ人のおかげで、とても助かりました。

まず一人目は、私の大学時代の友人の中野一静さんです。
急がし過ぎで写真を撮っていないのですが、イチゴの収穫からトマトの定植まで本当によく働いてくれました。 ありがとう!

そして二人目は、現在大分県で農業修行中の田邊裕太郎さんです。


現在農業修行中のためいろんな農園を見て見識を広げるべく武者修行ツアーをしているそうです。
田邊さんも朝から晩までよく働いてくれました。本当に助かりました。ありがとうございます!


田邊さんは元プロのミュージシャンだったということで、農園のみんなにギターと歌を聴かせてくれました。
こんなに間近でプロの演奏を聞く事ができて本当に感動しました。 みんなの要望に応じてたくさんの曲を演奏してくださり、ミニライブになりました。贅沢な時間を過ごさせていただきました。ありがとうございます!



そしてゴールデンウィーク中にジャムについて取材をしていただいた熊本日日新聞さんに5月11日うちのジャムが掲載されました。


きれいに写真を撮っていただいて、カラーの紙面にしていただきました。



掲載いただいてからジャムの注文をたくさん頂いて、本当にありがたいことです。
お買い上げいただいたお客様、熊本日日新聞さん、ありがとうございます!


こんなふうに、毎日猛烈な量の仕事や出来事が起きる農園の農繁ゴールデンウィークも、皆様のご協力でなんとか乗り切る事が出来ました。本当にありがとうございます。
また5月末には田植えが待っており、気が抜けませんがなんとか頑張ってゆきます。
こんにちは。今回のブログは嫁が担当します。

先月、私の実家から祖父母が阿蘇へ遊びに来て、一緒に名所めぐりをしたので、ご紹介しようと思います。

阿蘇の観光名所といえば、「阿蘇中岳火口」、「大観峰」、「阿蘇神社」などありますが、今回は隠れ名所とも言える場所をご紹介します。
※「阿蘇」というくくりについて、観光客の方と地元民の代表的なギャップの一つだと思うのですが、「阿蘇」といえば北側の阿蘇市だけを指すことが多いです。
地元民はカルデラの北側の阿蘇市(阿蘇谷)と、南側にあたる南阿蘇(南郷谷)とを厳密に区別していて、「阿蘇」、「南阿蘇・南郷」と言い分けています。 ちなみに観光地の「草千里」や「白川水源」は南阿蘇にあります。

さて、隠れ名所でご紹介するのは「手野・国造神社」です。
場所は、一の宮地区の北側、やまなみハイウェイで外輪山を登る左手あたりにある神社です。

その歴史は古く、阿蘇神社とならび熊本県内の四座の一つで、熊本県内でもっとも古い神社のひとつです。



境内には「手野の大杉」という、巨大な杉の木の一部があります。
この杉はかつて国の天然記念物に指定されるほどの立派な杉の木(樹齢は1000年とも2000年とも言われるそう)だったのですが、1991年(平成3年)の台風で折損し、現在は写真のような形で保存されています。



この大杉は、根元の周囲約14.40メートルもあったそうで、その根の部分も保存してあります。 人が中に入れるようになっていて、とても大きいです。



どこの神社に行ってもそうですが、神社仏閣の周りは気温がぐっと下がり、空気が変わるような感じがしますが、この国造神社も周りの杉の林や黒川の源流の川など、荘厳な雰囲気のある神社なのでおすすめしたいスポットです。



最近の猫たち。

クロちゃんは慢性化している猫風邪が少し回復してきました!



げんちゃんの方は順調にどんどん大きくなっており、もうすぐ1歳ですが、もう中年猫のような貫禄があります。



げんとクロは兄妹ではないけどとても仲良しで、いつも一緒に散歩したり日向ぼっこしています。





最近の我が家。

ホームベーカリーを買いました!
米農家ですが、パンも食べたいのでお米を使ってパンが作れるホームベーカリーを買いました。
焼きたてで食べられるし、もちもちしておいしいです!