AUTHOR : 山本倫大 / 東京でサラリーマンをしていましたが、2013年就農しました。

最近のエントリー

過去のエントリー

2017年
1月(1)
2016年
1月(1) 2月(1) 3月(2)
5月(1) 6月(1) 8月(3)
10月(2) 11月(1)
2015年
1月(2) 2月(1) 3月(1)
4月(3) 5月(2) 6月(2)
7月(2) 9月(4) 11月(3)
12月(3)
2014年
1月(5) 2月(4) 3月(4)
4月(3) 5月(3) 6月(3)
7月(2) 8月(1) 9月(2)
10月(4) 11月(2) 12月(1)
2013年
2月(5) 3月(3) 4月(1)
5月(2) 6月(3) 7月(2)
9月(5) 10月(2) 11月(1)
12月(5)

タグ

9月から10月にかけては、毎日のトマトの収穫と、イチゴの定植、稲刈りと新米の発送など、とても忙しい時期です。
今年はなかなか気温が下がらず、秋になっても夏のような暑い日が多かった印象です。 そうかと思えば最近は急に気温が下がって、秋を飛び越して冬が来たような感覚になります。


トマトは人の背丈を超えて、どんどん伸びています。
もうシーズン終盤で量も減ったので、最近は1日おきの収穫になりました。


ハウスでハートの形をしたトマトを見つけました。



9月13,14日と16,17日の4日間でイチゴの定植作業をしました。
今年は、助っ人の方がのべ6人来てくださったおかげでかなりスムーズに作業が進みました。


昼ご飯には前日の夜仕込んでおいた僕の手づくりカレーを皆でたべました。
我ながらおいしく出来たと思います。
ご協力頂いた皆さん!本当に助かりました。ありがとうございました!!


例年は「さがほのか」1品種ですが、今年は「ゆうべに」という新品種を加えて、合計2品種を栽培します。

こちらが「さがほのか」です。

そしてこちらが新品種「ゆうべに」です。
熊本県が独自に開発した品種で、昨年名前が決まり、今年から流通する品種だそうです。
まだ作っている農家は少ないですが、もしスーパーなどで見かけたらよろしくお願いします。




9月末には合鴨米の稲刈りです。
数日に渡っての作業ですが途中まとまった雨が降って困りました。
雨の止み間をねらって急いで刈り終えました。

雨のせいでまだ地面がぬかるんだ状態です。



鴨を放したり、草を取ったりして手をかけてきたので、刈り終えたら何とも言えないすっきりした気持です。

収穫したてのお米を食べたところ、バッチリおいしく出来ていました。
やっぱり新米は格別ですね。
新米はこのホームページからご注文いただけます。
▶︎ 通信販売ページ

この時期だけの新鮮な風味を是非お試しください。


お米の収穫がすべて終わって数日後の10月8日、阿蘇山が爆発的な噴火をして、風下に膨大な量の火山灰や噴石などが飛びました。
写真はうちのハウス近辺に降った灰です。これはまだ降灰が少ない方で、車で5〜10分程移動した先は一面真っ白の別世界でした。あらゆるところに灰が積もり、道も建物も街路樹も灰の色で真っ白になっていて、車道の真ん中だけ辛うじて元の路面の色が見える状態でした。噴火から2週間以上経った今も、灰が処理しきれず灰を取り除く作業が続けられています。
ちょうどイチゴのハウスのビニール張り替えなどをしている農家が多い季節で、ビニールを取っていたところに大量の灰が降り込んで、壊滅的なダメージを受けた生産者もいます。また、稲刈りが終わっていなかった農家は、刈り取りや乾燥・籾摺りなどの各種機械に灰が詰まったり、でき上がった米に灰が入らないように対応しなければならず、場合によっていは食用米として出荷できない事もあり得ます。
いつも大自然の恩恵を受けながら暮らしているとは言え、こうした被害を見ると大変なところに住んでいる事を再認識します。
これだけ科学技術が進歩しても、地震や噴火の予測は出来ず発生後の原因特定も明確にはできないので、やはり自然は人知を超えた畏れの対象ですね。 大昔の人がこうした自然の力を神と結びつけて信仰の対象としたのもわかる気がします。
うちのお米は収穫が終わっていて被害はありませんでした。大変ご心配をおかけしました。ご連絡をいただいた皆様、ありがとうございました。




イチゴのハウスも幸い大きな被害は無く、イチゴは順調に育っています。
今年も、受粉用の蜂や、害虫駆除のための天敵益虫をハウスにいれました。
参考:過去記事「イチゴ栽培のために活躍する虫たち

こちらは天敵益虫の一つです。小さいプラスチックのボトルにおがくずと一緒にダニが入っています。

ボトルの口にたくさんついている小さな点がすべてダニです。

ハウスの中に振りまいてゆきます。

ダニの住処として稲わらを置いています。



最近は、トマトハウスの猫たちが大きくなってきて、もう完全に乳離れしました。

中でも一番人懐こいのがこの白黒の猫です。
みんな「らいぞう」と呼んでいます。

だっこされるのが好きで、人影を見つけたら全力で走ってきて甘えて飛び乗ってきます。

子猫は全部で5匹います。里親募集中です。
昨日はお米の栽培状況についてダイジェストでお届けしました。
今日はイチゴやトマトについて書こうと思います。


イチゴ


6月上旬、土を詰めておいたポットに親株から出たランナーをピンでとめます。



7月上旬、すべてのポットにランナーをつけ終えて、次第に葉が茂ってきました。葉が茂るということは、根も伸びています。今までは親株から栄養を受け取っていたランナーの先端が、自らの根で徐々に自活できるようになっています。


8月上旬、親株とランナーでつながっていた苗を切り離し、余分なランナーを取り除きます。日光と水が均等に行き渡るように苗を等間隔に並べます。もうだいぶ苗らしくなってきました。9月上旬の定植まで水やりなどをして管理します。


一方、苗を植えるハウスの方でも土づくりを進めています。
4月に収穫が終わってから、ハウスの中のビニール類や支柱、イチゴの株などをすべてかたづけておきました。6月下旬には次期作のための土づくりを始めます。一度トラクターで耕しておおまかに整地した後、萱ロールを運び込んでひろげます。


萱をトラクターで耕し鋤き込んだら、ビニールをかぶせ、中に水をたっぷり入れます。ハウスを閉め切って1ヶ月半くらい放置して、土の温度を上げます。


げんもお手伝いです。

その後、8月中旬、ハウスを全開にして土にかぶせたビニールもすべてはぎ取ります。
これから8月後半の間に定植のための整地などの作業を進めます。



トマト


6月下旬、トマトはまだ腰の高さくらいです。


8月上旬、身の丈程に伸びてかなり茂ってきました。


今では、完全に人の背丈を超えて大きく育っています。
これから11月くらいまで収穫が続きます。



だいぶ前ですが、6月14日にじゃがいも堀りをしました。今年も豊作です。


夏の大観峰からの眺めは草原と水田の緑が美しく、絶景です。


お盆前に、大観峰の茶店のまわりの草切りも地区のみんなで済ませました。


猫たちは夏の暑さにも負けず、外で元気に遊んでいます。 あついから外に出るの止めとけばと言っても聞きません。ハァンハァンと鳴いて外に出してくれと要求してきます。
野良猫に背中を襲われて手術して以来、外に出ないようにしていたクロも日中は外に出て遊ぶようになりました。姿は見えなくても、ちゃんと呼べば戻ってきます。



お盆は過ぎましたが、まだまだ厳しい暑さが続きます。毎日たくさん汗をかいてびしょびしょになりながらトマトの収穫と手入れ、イチゴの苗の準備と土づくりなどを進めています。
農園のイチゴの収穫が11月19日から始まりました。
JA阿蘇全体で見るともう10月末から収穫している農家もいたようです。
今年は10月、11月と気温が高めで推移したため、11月までの今シーズン序盤は例年対比140%近い出荷量に達しています。

イチゴのハウスの中は、電照がついて、竹棒が立ててあります。
電照はイチゴの生長を促進するため、竹棒はイチゴの葉が実にかぶらないように実のついた枝と葉を分けるために設置しています。
竹棒を立てるのは根気のいる大変な作業ですが、中国から来ている研修生の宋ちゃんが毎日取り組んでくれました。

収穫が始まってすぐはまだイチゴの量が少ないので、写真の黄色いコンテナ箱に1日数箱くらいの量しかなく、しかも1日おきの収穫でした。
今は毎日収穫で、1日あたり20〜30箱くらいです。

先月下旬にJA阿蘇のイチゴ生産部会の査定会という会議が開かれました。
その会場にJA阿蘇の商品が並べてありましたのでご紹介します。

まずは高級化粧箱入りの贈答用商品です。
大粒で等級の高いものが厳選されています。

そしてこちらがスーパーなどの店頭に多く並ぶ270g入りのレギュラーパックです。

最後は、業務用の平詰めソフトトレーです。
苺大福やケーキなど、イチゴを使用した加工食品などに使用されます。

どの商品もいちごの品種や栽培方法は同じですが、目的に応じたサイズや等級でいろいろな商品になっています。
うちのイチゴは基本的に全量JA阿蘇に出荷していますので、上記のような商品として皆様のお手元に届いています。
どこかで阿蘇のイチゴを見かけた際にはどうぞよろしくお願いいたします。


***


イチゴが本格的にスタートしていますが、トマトは量がダブついて単価が下がり原価割れするということでJAの販売が11月中旬頃に終了しました。
ですが霜もふらず気温が高かったので、トマトは元気で実がたくさんついています。
トマトは道の駅阿蘇にいつも置かせていただいているのですが、他の生産者もトマトの売り場が無くて道の駅阿蘇に出品するので、道の駅でもトマトデフレが発生しています。

そこで、うちのトマトのハウスの脇に小さなテントを張って簡単な直売所をつくりました。

直売所をはじめて半月くらいになりますが、ぽつぽつと買ってくださる方がいて、本当にありがたいことです。



***


冬野菜がいよいよ収穫を迎えました。

白菜や大根の葉がモリモリと繁って一面緑です。
今年は豊作です。

収穫したら洗って新聞紙で包んで、お米の定期便のお客様には「野菜のお歳暮」として発送しました。

今年のセット内容は下の写真の通りです。


白菜、大根、赤大根、カブ、赤かぶ、里芋、トマト です。


***


農園猫げんとクロは最近も元気です。

仲良く毎日家の周りをパトロールしています。

こんにちは。今回のブログも嫁が担当します。

先日9/14に阿蘇山が噴火し、全国ニュースなどでお騒がせしております。
▲たまたま噴火の30分前くらいに撮った写真

▲噴火後。火山灰が熊本市方面(西)へ流れています

こちらは全く被害もなく、作物にもいまのところ影響はありません。
むしろニュース報道の大きさに驚いている状態です。

義父曰く、「阿蘇山がくしゃみした程度のことたい」とのこと。
(義父はこのフレーズをいたく気に入ったようでその後繰り返しておりました)

阿蘇は観光地なので風評被害などないといいなぁと思っております。





さて、9月は農家にとって農繁期となります。

我が家は毎朝のトマト収穫に加えて、いちごの育苗、定植などがあります。

私はいちご農家になって初めて知ったのですが、いちごは「ランナー」という匍匐茎(ほふくけい)が伸び、その先端に新たな芽ができ根を下ろし、株になり成長していきます。

▲いちご育苗のようす。赤い茎がランナー。

なので、いちご育苗はランナーを伸ばし、先端の芽を新しいポットに据え付け、根を張るように手入れしていきます。

この作業は春くらいからずっと続きます。
全体で2万株強作ります。

9月になると、このランナーを切り各ポットで独立させます。

▲ハサミでひたすら切ります。腱鞘炎になりそうです。

そして植えるハウスへ運びます。

▲1箱32ポット。15キロくらいあります。

軽トラに乗せて運びます。
持つだけで腰にきますね。

▲畝に点々と置いて、植えていきます。

植える作業は、(私にとって)一年の農作業の中で一番きつい作業です。。

と、こんな感じで、4日間かけて約2万株を植えます。

▲植え終わったようす。全部手作業で植えています。

今年は農業体験ということで1日参加してくれた方がいらっしゃいましたので、とても助かりました。

農業体験をしてみたいという方は、農業の本気を垣間見れるこの時期に是非どうぞ。

今回植えたいちごは11月の下旬頃から収穫となります。

▲昨シーズンのようす。株も大きくなっています。





最近のひとこま。

▲キズありトマトを摘果(てきか)していたら、ハロウィンぽいものを発見しました。

▲家庭菜園の野菜が豊作です。 毎日新鮮野菜を食べて健康です。

▲げんちゃんを枕に寝るクロちゃん。 仲良し2匹です。


そういえば、最近あそ有機農園のInstagramを始めたのでインスタユーザーの方は是非チェックしてみてください。
>> @asoyuki_insta

イチゴの苗とり

6月上旬に田んぼに入ったカモたちは、その後すくすくと育ち、体の大きさも田んぼに入った当時の3倍くらい大きくなりました。今年のカモたちも田んぼの草取り・虫取りに大活躍してくれました。

毎日夕方田んぼを巡回してカモに餌(くず米)をやるのですが、そのときに必ず車のクラクションをならすようにしています。すると次第にクラクションの音が聞こえると餌がもらえる事を覚えてきて、クラクションに反応してすぐに集まってくるようになります。

そんなカモたちも今月25日頃に田んぼから引き揚げ、任務終了しました。広い田圃を半野生状態で自由に泳ぎ回るカモたちを捕まえる時には、クラクションの音でよってくるという習慣を利用します。クラクションを鳴らして餌をまいてカモを一カ所に集めて、それから板で囲い込んで捕まえます。


毎日トマトの収穫が続いていますが、早くもイチゴの苗の準備も進んでいます。
親株からたくさん出てくるツタのようなものを「ランナー」といいます。

このランナーの先端から葉や根がでて土に定着する事で新しい株に育ちます。

このランナーを土を詰めた苗ポットに留め具で固定するという一連の作業を「苗とり」といいます。

一つ一つの作業は単純な事ですが、これを2万株分用意する必要があるので大変です。




7月中頃用事で広島に出かけました。
そしてついでに広島の名所観光をしてきました。

①原爆ドームと平和記念資料館
日本に原子爆弾が落ちた事は教科書で知っていた知識でしたが、実際に来てみるとその悲惨な影響が実感されました。


②宮島、厳島神社


至る所に鹿がいました。

趣のある商店街は活気に溢れています。紅葉まんじゅうと牡蠣とアナゴ飯が名物だそうです。

ちょうど引き潮で、大鳥居まで歩いて行く事が出来ました。

遠くから見ていて大きいなぁと思っていましたが、近づくとさらに大きい柱でびっくりしました。

神社の中は鮮やかな朱色がきれいでした。


③宮島水族館
厳島神社から歩いてすぐのところにあり、見応えのある大きな水槽がありました。




最近の猫たちは、夏の暑さにも負けず元気です。