AUTHOR : 山本倫大 / 東京でサラリーマンをしていましたが、2013年就農しました。

最近のエントリー

過去のエントリー

2017年
1月(1)
2016年
1月(1) 2月(1) 3月(2)
5月(1) 6月(1) 8月(3)
10月(2) 11月(1)
2015年
1月(2) 2月(1) 3月(1)
4月(3) 5月(2) 6月(2)
7月(2) 9月(4) 11月(3)
12月(3)
2014年
1月(5) 2月(4) 3月(4)
4月(3) 5月(3) 6月(3)
7月(2) 8月(1) 9月(2)
10月(4) 11月(2) 12月(1)
2013年
2月(5) 3月(3) 4月(1)
5月(2) 6月(3) 7月(2)
9月(5) 10月(2) 11月(1)
12月(5)

タグ

< 戻る
2月には大きな寒波が来て寒い日が多かったのですが、3月に入ってからは暖かい日がだいぶ増えて過ごしやすくなってきました。
毎朝2時間程度かけて4人でイチゴを収穫しています。




最近は、午前中はイチゴの収穫をして、その後ホームページなどからのお米の注文の荷造り・発送、道の駅阿蘇に商品を出品したりします。
そして、午後は今年の夏に栽培するトマトのために土作りの準備を進めます。

1月の間に昨シーズンのトマトの木を処分し、マルチや灌水チューブを片付けています。
昨シーズンの片付けの後は間髪入れずに整地して、萱ロールを搬入して土作りをはじめます。

高くなっているところの土を削ったりして、平坦になるように整地します。

昨シーズントラクターで耕すときに押しやられて支柱脇にたまってしまった土を鍬ですくい、支柱脇を平らにします。

並行して軽トラックで萱ロールを運び入れます。

ロールを転がしてひろげてゆきます。
ロールは重いのでなかなか体力のいる作業です。



ハウスに住み着いた猫も萱ロールに興味津々です。
猫は高いところが好きなので、早速ロールにのぼっています。

萱ロールは昨年の秋に買ったものですが、数ヶ月雨ざらしで置いている間にロール内部では早くも発酵が始まっています。
ロールを開くと熱いくらいの蒸気が出てきます。おそらく50度近くあると思います。
このあと土に鋤き込んでから腐らせるのですが、その前にこうして発酵が始まっているのは好都合です。

このあとは、昨年秋に収穫した有機米の籾殻をハウスに振りまきます。


一度トラクターで耕して、萱を土に鋤き込んでから地面を踏み固めます。
その後、ふすま(小麦粉製粉の過程で出たかす)をふって耕し、整地して灌水チューブとビニールをかぶせ、灌水します。



4月にトマトの苗が来るまでの間はこうして土づくりをしています。
今年の夏秋に収穫のトマトの準備も既に着々と進んでいます。


*****


ねこ近影

げんは1月にイチゴのハウス周辺に置いておいたねずみ取りのベタベタしたシートが体にくっついてしまい、左のお尻のあたりの毛を刈りました。

そしてクロは野良猫に噛まれたのか、背中に傷が出来てそこから化膿して溜まった膿で大きなこぶが出来てしまい、おととい膿を出す手術をしてもらいました。 いまは背中のほとんど毛が無い状態で、その中央部分に痛々しい手術痕があります。
餌もしっかり食べるし、歩き回るのも問題ないのですが、いかんせん見た目が痛そうです。クロが早く回復するように祈っています。