皆様には大変お世話になっております。 10 月 23 日から 26 日まで中国の長春 に行って来ました。現在我家には 中国からの研修生が 1 人いますが 3 年の研修期間が来年 7 月で終わり ます。その代わりの研修生の面接の為にです。長春は中国東北部、吉林省にあり近郊は見渡す限りのトウモロコ シの畑です。ちょうど収穫の真っ最中でした。現在の長春の状況は人民公社が 解体され一戸当り2ha の農地を耕作して います。作業はほとんど手作業でトウモロ コシの収穫も鎌で刈って実を採り畑に集 めてトラクターで運び出し、農家の庭先に 積み上げてありました。飛行機で30分飛 んでも景色が変わらないスケールの大き さには驚かされます。ここで収穫されるト ウモロコシの10%はバイオ燃料に利用されるとの事でした中国と言えばやはり中華料理です。日本の宴 会は会場のそこここでめいめい勝手な話題を ぼそぼそ話して統一性は全くありませんが、 中国では全員が平等に円卓を囲んで一つの話 題に耳を傾け、そして 45 度の白酎で中国式の 乾杯をします。非常に開放的です。また白酎 を小さなグラスで一気飲みできるのは中華料 理のお陰でしょう。豊富な食材、慣れないとちょっと鼻につきますが、白酎を飲むと匂いも気にならなくなりどんどん箸が すすんでいき、また中国式乾杯も苦痛でなくなり、そのうちにこちらから乾杯 を仕掛けて、どちらが中国人か分からなくなります。ところが翌朝はすっきり で朝食もどんどん食べられます。幸せなことです。また行きたいなと思います。

写真 文責 山本誠也