皆さん今日は。
 10月になり秋本番になりました。と言いたいところですが今年の秋は気温が低くて寒くて暦よりひと月、季節が先行している感じがします。特に夜は冷え込みます。我が家ではもうストーブを出して暖を取っています。  今年は先月号でもお知らせしました通り「ヒノヒカリ」を植え付けました。最近の冷え込みでなかなか生育が進みませんでしたが、やっと今日(10月12日)刈取をすることができました。


今年の稲作は特に長く感じました。眠れない夜も有りましたが何とか収穫を迎えられ皆様にお届けできるようになりホットしています。収穫した「籾」は今、乾燥機で乾燥させていますがまだ「籾摺」していませんので作柄は解りません。夏の長雨と日照不足、秋の低温であまり良い作柄ではないようです。作柄は天候に左右されるところが大きいのですが農家は晴雨に関係なく良い作物が育つように日々手入れをしていくものです。今、この会報を作っている段階では米の良し悪しは解りませんがきっと皆様に喜んでもらえる米が出来ているものと思っています。どうぞ27年産の米も宜しくお願いします。

TPP合意

 先週「TPP大筋合意」のニュースがトップで流れていました。ワイン、チョコレート、肉、乳製品等が安くなって家計が助かるそうですね。しかしこの協定は当初「環太平洋戦略的経済連携協定」と言われていたものです。私たちが日常食べる食品は身近な所で生産され、手ごろな価格で安定的に手に入る物が最良です。あちらの人には売って、こちらの人には売らないと言うような事があってはなりません。ところがこの協定は農産物を戦略的経済品として捉えますので金持ちは食べられて貧乏人は食べられない事が起こります。豊かでない国は国民のお腹を満たすために安い米が欲しいのに、米が余って仕方がない日本では国際価格の高値で買い入れなければなりません。経済戦略ですから買い手が欲しい時には値を釣り上げるでしょう。食べ物は皆が平等に食べられる事が基本ではないでしょうか。
 私達「あそ有機農園」では全国の皆様に喜んで頂ける合鴨米をただ作り続ける事が私達の役割だと信じてこれからも取り組んでいきます。そしてそれは皆様のご支援が有って可能になります。どうぞ宜しくお願いします。

ハウスのビニール張

 先日イチゴハウスの天井のビニール張をしました。


イチゴは冬の作物ですからビニールが汚れて太陽光線が遮られると実の色付きが悪くなるとかハウス内の温度が上がらなくて生育が悪くなるとか色んな支障が出てきます。ビニール張は人手が要る大仕事ですので家族総出、5人で早朝風のない時に張りました。毎年の事なので要領が分かっていますので幅7m長さ50mの4連棟を2時間で張りました。ビニール張は手早く綺麗に仕上がるように気を使いますが朝の澄んだ空気の中での作業は気持ちの良いものです。9月中旬に植え付けられた苗はもう蕾も見えてきました。気温も下がったこの時期、新しいビニールに張り替えて開花を促し、11月中旬にはイチゴが色付きます。

写真、文  山本誠也