野菜一覧
あそ有機農園では、その年ごと、季節ごとに、いろいろな野菜を少しずつつくっています。有機JAS認証は取得していませんが、どれも味が良い野菜ばかりです。
上記一覧に無い野菜も、「こんな野菜が食べたい」というご希望がございましたら こちら のお問い合わせフォームからご連絡ください。来季作付の参考にさせていただきます。

野菜の名前 栽培区分 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
なすC.慣行------
ピーマンC.慣行------
ししとうC.慣行------
ミニトマトC.慣行------
じゃがいもB.無農-------
玉ねぎB.無農-------
ズッキーニB.無農------
にんじんB.無農-------
小松菜B.無農--------
小カブB.無農--------
水菜B.無農---
大根B.無農---------
赤大根B.無農---------
白菜B.無農---------
カブB.無農---------
赤カブB.無農---------
里芋C.慣行--------
ブロッコリーB.無農---------

※ 栽培区分
  • 「A.JAS」:農薬化学肥料不使用栽培(有機JAS取得済み)
  • 「B.無農」:農薬化学肥料不使用栽培(有機JAS未取得)
  • 「C.慣行」:農薬化学肥料使用可能性あり
※ 出荷時期・収穫時期
  • 「◎」:出荷可能
  • 「△」:場合により出荷できる事もある
  • 「-」:出荷不可



なす
柔らかくてみずみずしいなすです。 大きすぎず料理にも使いやすいサイズです。
内容量1袋あたり2~4本入(約400g)
栄養素なすの皮の紫色の色素はぶどうやブルーベリーと同じポリフェノールの一種である「ナスニン」という成分です。
目の疲労回復、視力の回復、活性酸素の活動を抑制してがん予防や、血中コレステロール値を下げて動脈硬化・高血圧の予防などの効果も期待されます。
そのため、皮ごと調理して食べるのがおすすめです。
保存方法新聞に包んでビニール袋に入れて冷蔵庫で保存
▲ page top
ピーマン
阿蘇の湧き水で育てたみずみずしいピーマンです。くせの無い味でいろいろな料理に使えます。
内容量一袋あたり約6個入り(約170g)
栄養素ピーマンは栄養価が高い食材で、特にビタミン類が豊富です。美肌効果の期待できるビタミンCは熱に強く、また、免疫力を高めるカロテンは油で調理する事で吸収されやすくなります。
ピラジンという成分には血液をさらさらにしてくれる効果があるといわれています。(血栓予防など)
保存方法水気があると痛みやすいため、水分をしっかりとってからビニール袋に入れて冷蔵庫で保管。
▲ page top
ししとう
阿蘇の湧水で育てたししとうです。
唐辛子と違って辛くない野菜ですが、まれに辛いものが混ざる事がありますのでご注意ください。
内容量一袋あたり約50g入り
栄養素ビタミンCとカロテンが豊富に含まれています。ビタミンCは美肌効果、カロテンは免疫機能を高める効果も期待できます。 油を使って調理すればカロテンが吸収されやすくなります。
保存方法水気があると痛みやすいため、水分をしっかりとってからビニール袋に入れて冷蔵庫で保管。
▲ page top
ミニトマト
阿蘇の湧水で育てたミニトマトです。酸味は少なく、爽やかな甘みがあります。そのままでも、調理しても美味しく召し上がれます。
内容量1袋あたり約10粒程度
栄養素皮の赤い色のもとであるリコピンが豊富に含まれます。抗酸化作用があり、動脈硬化やがんの予防に効果があります。他にもビタミン類なども豊富で栄養価の高い野菜です。
保存方法冷蔵庫で保管。冷凍保存も可能。
▲ page top
じゃがいも
煮ても揚げても炒めても良いジャガイモは、肉じゃがやカレー、コロッケなどの定番料理に重宝する野菜です。
内容量1袋あたり4〜5個入り
栄養素でんぷん質やビタミンB1、B6、Cが豊富です。じゃがいもに含まれるビタミンCはでんぷんに包まれているため加熱によって壊れにくいという特徴があります。 芽や緑変した部分にはソラニンという毒素があるので取り除いてください。
保存方法新聞紙で包んで冷蔵庫の野菜室にいれる。光の多いところや温度の高いところでは芽が出やすいので要注意。
▲ page top
玉ねぎ
時間をかけてしっかりとうまみを蓄えて大きくなった玉ねぎです。炒め物や煮物など幅広く活躍する万能野菜です。
内容量1袋あたり3〜4個入り
栄養素硫化アリルという成分は、涙を誘う臭いのもとですが、疲労回復や抗菌作用、新陳代謝を活発にして血液をサラサラにする効果も期待できます。
ビタミンB1の吸収を助ける効果もあるので豚肉などと一緒に調理すると疲労回復などに効果があります。
保存方法新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室に入れる。使いやすい大きさに切ったものを冷凍してもよい。
▲ page top
ズッキーニ
柔らかく、みずみずしい中にも独特のコリッとした歯ごたえがおいしい野菜です。生でも炒めても召し上がれます。
内容量1袋あたり約2〜3本入り
栄養素カロテンやビタミンCを含んでいます。オリーブ油などで炒め物にすればさらにカロテンが吸収されやすくなります。皮膚や粘膜の保護効果や高酸化作用が期待されます。
カリウムも比較的多く含まれます。
保存方法ビニール袋に入れて冷蔵庫で保管。
▲ page top
にんじん
土から掘り出して、最小限の洗浄にとどめています。そのため、スーパーなどでは取り除かれる栄養価の高い表皮も残っています。
ご要望があれば葉付きでお届けします。注文フォーム末尾のご意見欄にその旨御記載ください。
内容量1袋あたり約3本入り
栄養素カロテンが非常に多く含まれています。カロテンの効果としてよく知られているものには、免疫力上昇、ガン・心臓病・動脈硬化の予防などがあります。
保存方法湿気があると腐敗しやすいため、水気を切って保存。
▲ page top
小松菜
小松菜は冬がシーズンの緑黄色野菜で、冬場の大切な栄養源です。くせの無い葉もの野菜なので、和え物や鍋、炒め物など何にでも使えます。
内容量1袋あたり約3株入り
栄養素栄養価が高く、特にカルシウムの含有量は牛乳並みに多く、野菜の中ではずば抜けてカルシウム豊富です。骨粗しょう症予防や成長期の子供におすすめの野菜です。
保存方法湿らせた新聞紙でくるんで、冷蔵庫に立てていれる。茹でれば冷凍保存も可。
▲ page top
小カブ
その名の通り、大きくなっても直径3cm〜5cm程なので、かわいらしい形をいかして煮物にしたり、辛みが少ないのでスライスして浅漬けにしてもおいしく召し上がれます。葉も栄養豊富なのでぜひ食べてください。
内容量1袋あたり約4株入り
栄養素実の部分にはジアスターゼという消化酵素が含まれるので、胃もたれや胸焼けのときに消化を助けてくれます。また、実と葉両方に含まれる辛み成分グルコシアネートは発がん性物質を解毒し、活性酸素を取り除く効果が期待できます。
保存方法実と葉がつながったまま保管すると、葉から水分が抜けてしまうので、切り離して保管。実はビニール袋、葉はぬれた新聞紙にくるんでどちらも冷蔵庫で保管。
▲ page top
水菜
鍋やサラダに活躍する使い勝手の良い野菜です。生で食べるとシャキシャキした食感が心地よく、ほんのりピリッとした辛み・香りも感じられます。
内容量一袋あたり約200g入り
栄養素ポリフェノールが含まれており、肌細胞を修復する効果があります。また、食物繊維も豊富です。ビタミンC,Eをはじめとしたビタミン類も含まれますが水溶性のものが多いため、サラダなどにして生食するのもおすすめです。 油を使ったドレッシングでカロテンの吸収が促進されます。
保存方法新聞紙で包んでビニール袋に入れて冷蔵庫で保存。
▲ page top
大根
煮物やサラダ、大根おろし、漬物などどんな料理にも使える定番の野菜です。葉っぱも欲しいと言う方は注文フォームでご連絡いただければ同梱いたします。
少し干すと旨味が増し、味もしみやすくなります。
内容量1本約40cm
栄養素ジアスターゼをはじめとした消化酵素が豊富で、胃腸の働きを整えます。これら消化酵素は熱に弱いので大根おろしやサラダなど生で食べると摂取できます。
保存方法新聞紙に包んでビニール袋に入れて冷蔵庫で保管。大根おろしにして冷凍もよい。または、大きめの千切りにして風通しの良いところで乾燥させる。
▲ page top
赤大根
大根よりも短めで少しずんぐりとしています。甘みがあり、発色も鮮やかな酢漬けなどに向いています。
内容量1本約30cm
栄養素大根同様ジアスターゼなどの消化酵素が豊富です。赤い色を出している色素はポリフェノールの一種です。
保存方法新聞紙に包んでビニール袋に入れて冷蔵庫で保管。大根おろしにして冷凍もよい。
▲ page top
白菜
鍋物、漬物に大活躍の定番野菜です。
内容量1玉約1〜2kg
栄養素体内の余分な塩分を調整してくれるカリウムが含まれます。他にはジチオールチオニンという白菜特有の成分は発がん性物質解毒物質の働きをたすけます。
保存方法新聞紙に包み、冷暗所で保管。
▲ page top
カブ
煮物にするとやさしい甘さでホクホクしたおいしさが楽しめます。オーブンで焼くのもおすすめです。1日干せば旨味が増します。
内容量1玉約15cm
栄養素大根同様、ジアスターゼなどの消化酵素が含まれるので胃もたれや胸焼け解消に効果が期待できます。カリウムも含まれ、体内の塩分濃度の調整をしてくれます。辛み成分のグルコシアネートは発がん性物質を解毒するとされます。
保存方法新聞紙で包み冷蔵庫に保管。
▲ page top
赤カブ
カブより少し小ぶりですが、しっとりしておいしいカブです。漬物、酢漬けなどで赤い色を活かすのがオススメです。薄切りや千切りすればサラダの彩りにも活躍します。
内容量1玉約10cm
栄養素カブ、大根同様、消化酵素のジアスターゼが含まれ、胸やけや胃もたれに効果があります。火を通すと消化酵素が壊れやすいので、漬物やサラダなど火を通さずに調理すれば消化酵素を摂取できます。
保存方法新聞紙で包み冷蔵庫に保管。
▲ page top
里芋
のっぺ汁や筑前煮などには欠かせない具材です。ホクホクしてねっとりしたなめらかな舌触りがおいしい野菜です。
皮付きのままよく洗って、少し多めの塩で茹でるのがおすすめの食べ方です。つるっと皮がむけて意外と食べやすく、何より芋本来の味が楽しめます。
内容量1袋あたり約500g
栄養素体の塩分濃度を調整してくれるカリウムが豊富で高血圧予防に良い食材です。里芋のぬめりにはムチンと、ガラクタンという成分が含まれます。ムチンは粘膜保護作用があるため、風邪などの感染予防や胃炎などにも良いです。ガラクタンは脳細胞の活性化、免疫力向上の働きがあるとされます。
食物繊維が豊富なのでお通じ改善も期待できます。
保存方法皮付きのまま新聞紙に包んで冷暗所で保存
▲ page top
ブロッコリー
茹でてそのまま塩やマヨネーズで食べてもよし、シチューに入れてもよしの便利な野菜です。がん予防や花粉症予防の効果が期待できる成分も入っており、とっても体にいい野菜です。
内容量1株約300g~400g
栄養素スルフォラファンという成分は抗酸化作用と解毒作用でガンを抑制するといわれます。また、アレルギー症状を抑える効果があるαリノレン酸が含まれ、毎日食べれば花粉症予防効果が期待できます。
保存方法冷蔵庫で保存。食べるときのサイズに分けて、固めに湯がいて冷凍してもよい。
▲ page top